フォーラム記事

Akio Sashima
2022年2月03日
In トレード
コミュニティ・ガバナンスや各種DeFiを利用する際、得られる報酬(いわゆる利息)の表示でAPRとかAPYとか異なった用語が使われています。同じようなものだろうとスルーしがちですが、この2つには大きな違いがあります。 APRとはAnnual Percentage Rate(年換算利回り)の略語で、 名目金利と言われる時もあり、複利を考慮に入れる前の年間収益率(%)になります。 一方のAPYは年間利回り(Annual Percentage Yield)で、複利を考慮した場合の年間収益率(%)です。 複利とは要するに元本に利息を足して運用していくものですので、利益が利益を生む仕組みです。中長期的に見るととんでもなく大きな差を生みますので、この2つの違いはよく頭に入れておきましょう。
0
0
2
Akio Sashima
2022年1月31日
In トークン
アルゴランドには大きく分けて2種類の資産(アセット)があります。言わずとしれたネイティブトークン「ALGO」と、アルゴランド上で発行されたトークンの総称である「ASA:アルゴランド標準アセット」です。ASASには例えばYieldlyのYLDYやOpulousのOPULなどがづく稀ます。ASAは誰でも自由に発行できますが、その中でもウォレットなどで「検証マーク」がついているものとないものがあります。 この「検証マーク」は以下の異なる2者によって別々に付与されています。 - AlgoExplorerの検証マークはRand Labsによって付与。 - Algorand Walletの検証マークはAlgorand LLCによって付与。 Algoexplorerは、ASAを作成したアカウントの所有権を検証します。検証は、ASAが指定されたURLを所有しており、他の人の著作権を侵害していないことを証明する役割を果たします。逆に言えば、現在はそれだけしか検証していません。ASAがパスした様々なレベルの検証をユーザーが理解しやすいように、新しい評価システムを近日中に導入する予定です。 Algorand Walletは、ASAを作成したプロジェクトを検証します。これはAlgorandoと密にコミュニケーションを取る必要があります。 注:Tinymanはいかなるアセットも「検証」せず、検証プロセスにおいていかなる役割も果たしません。Tinymanは、検証情報をAlgorand Walletから引き出すだけです。 AlgoExplorerの場合、トークン発行者は検証プロセスのために以下の情報を提供する必要があります。 - トークン概要 - アセットID - ロゴマーク Algorand Walletの場合、トークン発行者はAlgorando LLCとやり取りする必要があります。 いずれにしても、検証マークが付与されている=100%安全というわけではありません。しっかりと自分自身でリサーチを行いましょう。
アルゴランドの資産(アセット)検証プロセス content media
0
0
20
Akio Sashima
2021年12月18日
In レンディング(融資)
Algofiのアルゴリズム・ステーブルコイン、AlgoStableと呼ばれるマルチアセットの担保付きステーブルコインです。 AlgoStableは、Algofiのプロトコルに組み込まれたアルゴリズム・ステーブルコインです。 AlgoStableは、Algofiプロトコルの他の部分と同じ基本的な前提条件である過剰担保によって機能します。 10兆個のAlgoStableがミントされ、Algofiプロトコルに回復できない形で預けられました。これは、一般に流通させることができるAlgoStableの最大供給量です。 AlgoStableはどのように機能しますか? ユーザーはAlgoStableをAlgofiプロトコル上の他の資産と同様に借りることができます。 ミントされたAlgostableの全供給量はAlgofiプロトコルに永久的に埋設されているため、プロトコルから出るAlgoStableは完全に担保されています。 この概念を理解するには、簡単な例があります。 アリスは200ドル相当のALGOをAlgofiプロトコルに預けます。 アリスは現在、最大借入可能額が100ドルで、AlgoStableの50ドルを借りることを選択しました。 彼女が預けたALGOの市場価値が100ドル以上であれば、彼女は問題なくポジションを維持することができます。担保を維持できなかった場合、清算人は彼女が預けたALGO及び報酬と交換することで、彼女が借りたAlgoStableを返済することが出来ます。 清算人がAlgoStableを入手するためには、流通市場で購入するか、プロトコルを通じて借りなければなりませんでした。このようにして、AlgoStableの循環供給は、Algofiプロトコルを通じて発行された他のすべてのローンと同様に、常に完全に担保されています。 借入金利は何で決まるのですか? AlgoStableの借り手は、Algofiプロトコルで発行された他のローンと同様に、利息を支払う義務があります。借用率はAlgofiのガバナンスによって設定され、支払われたすべての利息はプロトコルに発生します。 借り手がローンを返済するのに十分な循環供給をどのように確保するのですか? プロトコルに発生した利息は、ガバナンス・トークンの買い戻しに使われることが約束されています。これは、未収のAlgoStableを流通に戻すためです。そうでない場合は、AlgoStableの循環供給量が借り入れ額よりも少なくなり、難しい問題が発生する可能性があります。 元記事:https://docs.algofi.org/protocol/algostable
0
1
12
Akio Sashima
2021年12月18日
In レンディング(融資)
Algofiは、アルゴランド・ブロックチェーン上の高速かつ低コストのクリプト融資市場であり、分散型融資を広く利用できるようにするステーブルコインです。Algofiは、アルゴランドの成長するDeFiエコシステムを利用した普通預金口座やクレジットカードなどの伝統的な銀行サービスを提供することを計画しています。投資家には、Union Square Ventures、Arrington XRP Capital、Pillar VCが含まれています。詳細については、www.algofi.org をご覧ください。
Algofiとは? content media
0
0
26
Akio Sashima
2021年12月18日
In クロスチェーン・ブリッジ
分散型金融が経済活動のあらゆる領域で普及するにつれ、ネットワークの円滑な運用のために何らかの普遍的なソリューションが必要であることが明らかになりました。実際、分散型であると同時に統一されていない場所であるため、DeFiはブロックチェーン・ネットワークの複数のオペレーターの間で論争が続いています。高いネットワーク料と相互運用性の欠如から生じる待ち時間の延長とは別に、適応の継続的な必要性は、コンセプトの開発に貴重な時間を投資し、プロジェクトのコア部分に直接力を注ぐのではなく、仕事の技術的側面に焦点を当てる必要性を提示しています。 幸運にも、Glitter Financeの登場により、この懸念は過去のものとなりました。このクロスチェーン・ブリッジ・ソリューションは、広大で崩壊したブロックチェーン空間の点を結ぶと同時に、元のロックされた資産をより魅力的な利得を持つ別のイールドファームに再投入できる独自の再展開メカニズムを打ち出すことを意図しています。Glitter FInanceの中核となる要素は、Solana、Terra、Polygon、Cudos、Algorandの先進的なエコシステムをつなぐ一つの橋であり、その最終目標は、分散型金融サービスの拡大するコミュニティのすべてのメンバーに対する開放性とアクセス性に基づくブロックチェーン体験を作り出すことです。つまり、Glitter Financeは、多様化するブロックチェーン・ネットワークの統一運動において独自のニッチを占め、DeFiの進歩に欠かすことのできない部分を占めているのです。 Glitter FinanceのCEOであるDavid Dobrovitskyに、Glitter Financeがすでに始めている変革を振り返りながら、業界の未来と現状に関するいくつかの質問を投げかけてみました。 1. ドブロヴィツキーさんご自身について、またご経歴についてお聞かせください。Glitter Financeを設立したきっかけは何ですか? 私はDeFiとクリプトの領域で連続起業家をしています。これまで合計で4つのプロジェクトを設立、共同設立、または構築の手助けをしてきました。私が関わったプロジェクトはすべて、最終的に大きな成功を収め、資金調達もうまくいき、深いコミュニティが形成されました。Glitter Financeは、私の最新のベンチャー企業です。Glitterを作るにあたって、私は自分の価値観に対応し、自分の意図や理想に沿った会社やスタートアップを作りたいと思いました。 2. あなたの組織の中心的な使命は何ですか?Glitter Financeで解決しようとしている問題は何ですか? 全体的なミッションは、DeFiをもっと一般の人に身近なものにすることです。Appleがコンピューターを身近なものにしたように、DeFiのイノベーションを身近なものにしたいと思っています。これが究極の目標です。DeFiは、お金に関する驚くべき革命を表しています。DeFiの主張は、「この仕組みの十分な知識があれば、誰でも、いつでも、世界のどこでも、社会経済的な地位に関係なく、お金を稼ぐことができる」というものです。これは信じられないような成果であり能力です。このような機会がないために戦争が起こってきましたが、今、ようやくそれが容易に手に入るようになりました。私がやりたいことは、これをベースにして、一般のユーザーにも簡単に、親しみやすく、合理的にすることです。 3. 市場に流入する競合他社とは違う、自社の特徴は何ですか? いくつかあります。まず、私たちはAlgorandの信じられないほどダイナミックなエコシステムと一緒に仕事をしています。Algorandは素晴らしい技術です。決してフォークしないこと、ダウンタイムがないこと、業界最高のセキュリティを持つこと、高速であること、そして社会が実際にどのように回転し、お金と相互作用するかを考慮した上で作られているのです。Algorandはブリッジのベースとなるものです。その上で、私たちはAlgorandを将来性の高いブロックチェーン・エコシステムと相互運用できるようにします。例えばSolanaは、最も革新的なDeFiエコシステムの1つです。Ethereumを効率化するPolygon。株式デリバティブの取引に驚くべき革新をもたらしたTerra、そして英国から生まれたエキサイティングな新技術であるCudos。これらのブロックチェーンが組み合わさることで、深みのある独自のエコシステムが生まれます。 最後に、先進的でモダンなデザインを特徴としています。その一面は、Glitter Bridgeが作る合成トークンを統合イールドプールに再展開していることです。要するに、通常なら何もないところに利益を生み出す機会をトレーダーに与えていると同時に、従来のブリッジ構造をより効率的にしているのです。さらに、AIと機械学習をプラットフォームに統合し、時間をかけて、インタラクティブで直感的な、それでいて分散化されたプラットフォームを作り上げることに取り組んでいます。 4. ブリッジの機能性について詳しく教えてください。その動作原理は? 私たちのブリッジは、第2のブロックチェーン上で合成トークン(ラップド・トークン)を作成することで機能します。私たちの違いは、第2ブロックチェーンの金庫を開くことで、私たちのプラットフォームに統合されているイールドプールに、前述の合成流動性を再展開することができる点です。さらに、アルゴリズム取引をプラットフォームに追加することで、大規模採用を促進します。つまり、Youtubeの動画を4時間見て、最初の5回の取引でお金を失う代わりに、初心者のトレーダーは第2ブロックチェーンに乗り、「取引」というボタンを押すと、アルゴリズムがその日に利益を上げているイールドプールに資金を送ってくれるのです。このような条件を作ることで、初心者トレーダーがDeFiを利用して利益を上げるために必要な知識の閾値を下げているのです。 5. Algorand、Solana、Terra、Cudos、Polygonの各ネットワークの統合に注力した理由は何でしょうか。 私が最も好きなブロックチェーンはどれかを調べ、私が好きなチェーンでエコシステムがどのようになるかを予測したのです。そうすることで、Algorandの技術の素晴らしさと堅実さ、SolanaのDeFi技術のスピードと深さ、PolygonによるEthereumの合理化、そしてCudosがもたらす新しい技術にマッチしたTerraに存在する革新的取引プロダクトを組み合わせれば、あらゆるレベルと経験のトレーダーにユニークなものを提供する、本当に驚くべきエコシステムを作ることができる可能性を秘めているのです。 6. パートナーシップの試金石となったのは、プロジェクトに積極的に関与してくれた人たちでしょうか? 実際、15社以上のVCがアクティブなパートナーです。全員がユニークなものをもたらしてくれます。これまでのところ、最も積極的なのは、Space Capital、Nodeseeds、ZBS Capital、BullishBlockなどです。 7. Glitter Financeの開発において、コミュニティはどのような役割を担っていますか? コミュニティの役割は、私たちのトークンである$XGLIを中心としたDAOガバナンス・システムを構築するため、トークンを中心としたものになります。さらに、私たちはバグ・バウンティとプラットフォーム紹介の仕組みを実装し、コミュニティが私たちの製品の改善に協力することで報酬を得ることができるようにする予定です。最後に、プラットフォームに新機能を実装する際に、コミュニティのコメントや提案を取り入れる予定です。 8. Glitter Tokenについて、その主な機能は何ですか?また、このアセットのトークノミクスはどのようなものでしょうか? 全てのトークノミクスについては、私たちのウェブサイト、Glitter.financeでデッキが簡単に入手でき、その中にトークノミクスの基本が含まれているので、そちらを参照してください。トークンの総供給量が125,000,000であることをお伝えしておきます。 トークンの機能としては、DAOガバナンス・トークンです。XGLIのDAOコミュニティーの中で、より多くのトークン、より多くの権利を持つホドラーを可能にするものです。 9. 2021年のGlitter Financeの先にある重要なイベントは何ですか? 開発、監査、私たちのトークンのリリース、パブリックセール、IDO、IEO、私たちのAlgorandのSolanaへのリリース、双方向ブリッジ、そして製品の継続的な開発などです。 10. 最後に、今後の進捗と戦略的ビジョンが、新しいDeFi時代の興隆にどのように貢献するのか? DeFiを初心者の方でも簡単に使えるようにしていきたいと考えています。大規模採用、直感的なプラットフォーム、そして暗号通貨コミュニティだけでなく、子供の大学資金を補強する方法を探している親御さんにもDeFiを届けることを目指します。これが究極の目標です。 元記事:http://amp.coincodex.com/article/12911/connecting-the-dots-of-defi-interview-with-ceo-of-glitter-finance/
0
0
10
Akio Sashima
2021年12月14日
In AMAまとめ
Algomint AMA BTCを担保に1:1の割合で「goBTC」を生成し、アルゴランド上で流通させるクロスチェーン・ブリッジAlgomint(アルゴミント)のAMAです。同じ要領でETHを「goETH」に、また将来的には他の様々なアセットも「goOOO」としてアルゴランド上で流通するようになります。これらの「goOOO」はアルゴランド標準アセット(ASA)ですので、Algoと同じ取引手数料、ファイナリティその他の全ての特性を享受できます 1. Algomintの説明 Algomintの機能を一文で簡単に説明する方法があるとしたら、それは何でしょうか? V1を説明すると(V2以降では少し変わります)、次のようになります。 アルゴランドのエコシステムにエクイティをシームレスに出入りさせ、次世代のDeFiに力を与えるブリッジです。 ...ビットコインのような資産にASAの持つ全ての力を与えるなど、他にも50個くらい追加できることがありますが、一文でとなると上記になります。 現在のエコシステムにおけるAlgomintの必要性と、このプロジェクトが解決しようとしている問題は何ですか? アルゴランドのエコシステムが真に成長するためには、エクイティの流入が必要であり、そのためには、すべての暗号資産がアルゴランドに参画し技術を利用することができるゲートウェイが必要です。Algomintはこれを解決します。次の課題は、アルゴランドのエコシステムに着地したときに、それらが「定着」するようにすることです。私はいつも「スティッキー(粘着性のある)エクイティの創出」と言っています。そのためには、エコシステムに価値を見出してもらう必要があります。もちろん、彼らはアルゴランドのテクノロジーの素晴らしい価値に気づくでしょうが、アルゴランドの中で使えるものがあることも必要なのです。 私たちは反復しながら、資産の標準化などの問題も解決していきます。現在のAアルゴランドDEXを考えてみてください。もし10種類の異なる米ドル・トークンがあった場合、プールやリワード・プログラムの作成は希薄で非効率的です。Algomintは、異なるステーブルコイン(当初は米ドルとゴールド)を単一の資産に標準化することで、この問題を解決します。これにより、スワップを含む様々な選択肢が生まれます。アルゴランドのUSDCとEthereumのUSDTが必要ですか?Algomintでは、1対1のスワップを少額の固定料金で行うことができます。 Algomintのビジネスモデルはどうなっていますか?Algomintは取引手数料で稼ぐ予定ですか?もしそうであれば、取引手数料は0.001Algo以上になるはずですよね?それとも預かった資産を使って貸し出しを行うのでしょうか? 手数料は、ミント及びバーンするときにかかります(0.2%)。ASAの形になってからは、通常の0.001 Algo手数料だけで自由に動き回ることができます。詳しくは、ビジネスモデルの手数料の項をご覧ください。 預けられた資産は、Copperのコールド・ウォレットに安全に保管され、Go資産を1対1でバックアップし、貸し出しなどには使用されません。 Algoのアセットは何が優れていて、どんな機会を提供してくれるのですか? 基本的には、アルゴランドの資産であるということです。しかし、バスケットも用意していますので、多くの機能が追加されます。例えば、当初は米ドルとゴールドのバスケットを予定していますが、これは膨大な種類の資産が単一の表現に標準化されることを意味しています。イーサリアムのUSDTとアルゴランドのUSDCを1対1の比率でわずかな固定費で交換することができます。 機会的には、来るべきアルゴランドDeFiエコシステムを開くことになり、これは本当に面白い機会です アルゴランドが将来的に重要な技術であることは誰もが認めるところだと思いますが、特にDeFiの普及には力を入れています。アルゴランドのチームと全体的な信頼性は、制度的にも一般的にも幅広い採用がAアルゴランドを通じて行われる可能性が高いことを意味しており、早期に参入した人には大きな可能性があります。また、アルゴランドのコストとスピード、そしてそれがDeFiにおけるリターン/イールドの機会を増やすことについても、少し述べておきたいと思います。例えば、DEXではコスト的に厳しいものではなく、レンディング・プラットフォームやその他のあらゆる形態の取引を行うことができます。取引手数料だけでなく、低いネットワーク手数料も失われることなく維持され、参加者にとってより大きなリターンとなるなど、より多くのプール報酬を生み出すことができます。 ネイティブトークンであるgoMINTのユースケースはどのようなものですか?純粋にガバナンスや他のコインとのブリッジのためのものですか? goMINTは、保管されている原資産に対して保険契約を締結するために使用されます。このステークは、goMINTをプールの一部とするLPトークンになる可能性が高いです。長期的には、カストディアンのコンポーネントを完全にトラストレスにすることを目指しています。また、ブリッジを利用するだけでなく、資産を活用することに参加した人に報酬を提供することも考えています。私たちは、いくつかのプロジェクトと協力して力を結集し、共同で報酬プログラムを提供することで、アルゴランド上でのDeFiをさらに強化しています。 スケーラビリティ(拡張性)、流動性、フラグメンテーション(断片化)、シェアード・オーナーシップ(共有所有権)、インパーソネーション(なりすまし)などが、この分野の大きな問題や制限となっています。Algomintはこれらの制限や問題をどのように解決しようとしていますか? Algomintがこれらの問題のいくつかを解決する責任を負うことを望んでいますが、現実にはアルゴランドの技術が問題を解決しています-私たちは他の資産がアルゴランドの技術を利用できるようにしているだけです。しかし、もう少し深い議論が必要なのは、所有権の共有となりすましです。まず第一に、シェアード・オーナーシップとは何を意味するのかをより深く理解するのが良いでしょう。しかし、なりすましという点では、Algomintのすべてのアセットはアルゴランドからのブルーティックを受け取り、それは正当なアセットを扱っていることを知る上で大いに役立ちます。一方で、カウンターパーティへのなりすましがあります。これは少し複雑ですが、興味深いソリューションになる可能性のある作業が行われていますので、今後数ヶ月のうちに発表される予定です。 プライベートセールはまだありますか? いいえ。しかし、2022年第1四半期にオークション形式でのパブリックセールを計画しており、理想的にはアルゴランドでネイティブ・ホストされる予定です。 2. 今後の予定 トークンの配布の計画はどうなっていますか?最近の他の多くのスタートアップ企業のようにローンチパッドで発売されるのか、それともAlgomintは別の方法を使うのか?もしそうなら、何ですか? 計画では、今年ローンチされるアルゴランド独自のローンチパッドであるAnthillを使用することになっていますが、これはとても楽しみです。創設者のChrisは、トークノミクスや製品の機能について素晴らしいアイデアを持っていますので、ダッチ・オークション方式で販売する予定です。 Algomintは主にクロスチェーン・ブリッジとなるのでしょうか?また、その一部としてASA minterがありますよね?他にAlgomintの将来的な計画はありますか、それとも他の開発中のdAppでその計画を利用した方が良いでしょうか? 最初はクロスチェーン・ブリッジになりますが、ASA minterは対応するアセットをアルゴランドに発行するために必要です。最初のブリッジを開始した後、追加機能の一つとしてバスケットを提供し、スワップを可能にする予定です。例えば、goUSDは様々な米ドルを持ち寄ってミントすることができ、ラップするのではなく、プール内でスワップすることができます。例えば、小額の手数料で、異なるブロックチェーン間で米ドルと米ドルを1対1のレートで交換することができます。これは非常に便利で、将来の機能において大きな役割を果たすと考えています。 Algomintは将来的に複数のブロックチェーンのブリッジをするのでしょうか?その計画はどのようなものですか? 正解です。今のところ、最初はBTCとETHでブリッジを行います。しかし、ブリッジ・アウトやアクロスと呼ばれるものも行っていく予定です。Solana、Near、Polkadot、Ethereumなど、いくつかのクロスチェーン接続を検討しています。これが意味するところは、アルゴランドでラップされたビットコインからソラナでラップされたビットコインへと、簡単に素早く移行できるということです。 将来的にgoERC-20トークンは登場しますか?例えば、開発者のdAppがERC-20でスタートしたが、後でアルゴランドに切り替えたいとしたら、Algomintはそのブリッジをしてくれますか? それは間違いありません。目的は、さまざまなブロックチェーンに出入りできるブリッジ機能を持つことです。つまり、Ethereumのプロジェクトがアルゴランドにアクセスできるようになったり、その逆になったりと、双方向に対応します。 そのプロセスはどれほど直感的なものでしょうか?ソフトウェアは簡単で直感的に使えるようになっているのでしょうか、それとも開発者は毎回トークンやコインのために新しいブリッジを入力する必要があるのでしょうか? その段階では、Algomintチームが実装する必要があるので、どのトークンでもよいというわけではありません。可能性は非常に広いと思いますが。 また、トークンの種類、保管能力、トークンの追加機能などにも関係してきます。 例えば、ERC-20の中にはチップアウェイ・フィーメカニズムを採用しているものがあり、時間の経過とともに有機的な基礎トークンの量が減っていくため、標準的なブリッジングのシナリオでは機能しません。 相互運用性を実現するための新たな技術革新によって、技術的に何ができるかという点では、今後数年間で選択肢が増えるでしょう。 goBTCやgoETHの次に来るのはERC-20ブリッジだと思いますか?それとも、goAXAやgoADAなどの他のチェーンが主流になると思いますか?NFT用のブリッジを作ることは可能ですか? goETHとgoBTCの後には、goUSDとgoGOLDが登場するでしょう。また、流動性プロバイダーやDEXなどの複数の関係者と協力して、アルゴランドで利用できるように特定の資産のブリッジを実現したいと考えています。実際には、当社が最も価値を提供できると考える場所に焦点を当てていきます。 NFTの分野では、「Originals Only」が、ブリッジングを含むマルチチェーン発行を検討しています。 しかし、これには、添付されたデータやトークンに付随する能力(ロイヤリティなど)を考慮する必要があるため、別の問題が発生します。 Algomintがまもなく公開されることは知っています。他のアルゴランドのプロジェクトでライブまたはライブに近いものはありますか?日付や時間枠はありますか? 他のプロジェクトでは、YieldlyとTinymanがライブになっており、エキサイティングです。 アルゴランドのネイティブ・ローンチパッドであるAnthillは今年中にローンチする予定です。 また、今年は4つのDEXがリリースされる予定で、だいたい2~4ヶ月の間にリリースされます。 NFTでは、OtherverseとOriginals Onlyが来年初めにリリースされる予定です。 融資プラットフォームであるFolks Financeも今年中にリリースされる予定です。 他にも協力している企業がありますが、まだ多くを明かすのは早いでしょう。チームは現在、構築に集中しており、スポットライトを浴びないようにしています。 要するに、たくさんのことが起こるということです。 Algomintとアルゴランドは、crypto nativeコミュニティに挑戦するために、どのように改善していきますか? アルゴのエコシステムには、まだやるべきことがたくさんあります。 本当に成長できるようなエコシステムの基盤をもたらすためには、DEX、ローンチパッド、ブリッジの組み合わせが必要です。 ありがたいことに、この3つは今後数ヶ月のうちに稼働します。イーサリアム(または他のEVM)の魅力をコア・アプリの面で再現するためには、さらに必要なものがありますが、これらのギャップのほとんどは現在埋められつつあります。 私たちがここにいるのは、アルゴランドを支える素晴らしいチームと、彼らが開発した技術を信じているからです。そして、エコシステムの成長を妨げる多くの障壁が取り除かれることで、多くの新しいプロジェクトが市場に登場するでしょう。 アルゴランドは、機関投資家や60兆ドル規模の金融市場に焦点を当てた長期的な視点を持っています。アルゴランド上での構築には、いくつかの追加的な障壁がありましたが、アルゴランドの持つ巨大な未来に価値を見出す人にとっては、これらの障壁は小さなスピード・バンプのようなものです。EVMをベースにした構築は、当面の長期的な課題となっていますが、実際には、最高のブロックチェーン技術の1つに早期に参入することが、私が毎回選択する場所となっています。 3. 同業他社 Algomintは、アルゴランドのエコシステムの中で、既存のdAppsやこれから登場するdAppsとどのように連携していくのでしょうか?コラボレーションの計画はありますか? 主要なコラボレーションは、さまざまなプロジェクトに流動性とボリュームをもたらすリワードの作成になります。これは、アルゴランド上でDeFiを構築する上で重要な部分であり、我々と他のプロジェクトとの間でパートナーシップを構築するだけではなく、構築者の間でDeFiコミュニティを構築することを目指しています。最強の協調的なDeFiエコシステムを実現するために協力しています。 Algomintは、Meldのゴールド市場でのビジネスで成功していることを理解していますが、ビジネスの経験を生かせること以外に、Meldと何らかの形でリンクすることになるのでしょうか? 間違いありません。Meldは、Algomintのゴールド、シルバー、プラチナのバスケットを利用して、他のエコシステムへのブリッジをします。これにより、非常に興味深いイールドの機会を得ることができます。例えば、100枚のMeld Gold(現在GOLD$に改名中)のうち、50枚をgoGOLD(Algomintバスケット)にして、GOLD$/goGOLD流動性プールに入れれば、ゴールドに対する利回りを得ることができます。 また、Meldは多数の地金小売業者と提携しており、これらの業者をデジタル・エコシステムの地域独立銀行支店と位置づけています。アルゴランドのエコシステムが成長するにつれ、これらの「支店」が多くの人々にアルゴランドの利用を呼びかけることになるでしょう。特に、幅広いコミュニティが慣れ親しんでいる資産の利回り機会については。 Algomintに直接の競合はありますか?似たようなことをしている他のプロジェクトはありますか?Algomintはどのように群を抜いていますか? アルゴランドへの導入に取り組んでいる完全なDeFiブリッジがいくつかあります。 長期的にはかなり多くの違いがありますが、追加機能を構築するにつれ、その違いはより重要で多くなります。 初期の違いは以下の通りです。 アルゴランド・ネイティブ 双方向のマルチチェーン アルゴランド・インクと財団の支援を受けていること 法律に準拠しているため、機関やファンドなどがブリッジを使用することが可能 参加と報酬プログラムを可能にするネイティブ・トークン スワップを可能にするバスケット資産や、その他多くの機能を完備 私は、2つの世界のバランスをとるというハイブリッドの考え方を重視しています。私たちは、Algomintをより信頼性の高いものにする一方で、特定の当事者(機関など)を疎外しないように取り組んでいます。 元記事:https://algomint-1.gitbook.io/algomint/faq
0
0
33
Akio Sashima
2021年12月13日
In AMAまとめ
*アルゴランドをベースにクロスチェーン・ブリッジを構築するGlitter FinanceのAMAです。 創設者兼CEOのDavid DobrovitskyがLovers ClubのコミュニティとAMAセッションを行いました。AMAを見逃した方のために、ここではその記録をご紹介します。Davidは、チーム、Glitter Financeが解決する業界の問題、私たちのパートナーシップ、$XGLIトークンの有用性、私たちのロードマップについての洞察、これまでに達成したこと、そして今後数ヶ月で何が起こるのかについて、いくつかの質問に答えています。 Q: 自己紹介と経歴、Glitter Financeチームを紹介してください。 D: もちろんです。私は、DeFi分野の連続起業家です。Glitterの前にも3つのプロジェクトを立ち上げ、共同設立し、あるいは設立を支援してきました。 Glitterは私のメイン・プロジェクトです。2021年の7月にスタートしました。Glitterの他の注目すべきメンバーとしては、Mohammad Ghiasiがいます。プリンシパル・ソフトウェア・エンジニアで、アルゴランドの開発アンバサダーを務めています。彼はまた、受賞歴のある開発者でもあります。一般的に、Glitterのチーム全体は非常に経験豊富で、複数のDeFiプロジェクトを経験しています Q: Glitter Financeについて、既存のソリューションが解決していない重要な問題を解決し、競争上の優位性は何かを紹介してください。 D: 私たちが解決しようとしている問題は複数あります。 1. アルゴランドのエコシステムがより高い相互運用性を実現するために、以下の信頼性の高い双方向の橋渡しをします。Solanaからアルゴランドへ、terraからアルゴランドへ、polygonからアルゴランドへ、kudosからアルゴランドへ。 2. 既存のイールド・プールをGlitter Finance Platformに統合し、トレーダーがブロックチェーン2上のGlitter Bridgeで生成された合成流動性をイールド・プールに再配置することで、従来のクロスチェーン・ブリッジ構造における資本の非効率性を解決します。 3. アルゴリズムやAIの要素をプラットフォームに加えて、よりシンプルで直感的なプラットフォームを構築し、大量導入を促進します。DeFi 2.0です。 4. ソラナ・トークンをイーサリアムでラップし、メタマスク・ウォレットに収容できるようにするなど、独自のソリューションを構築しており、アルゴ・トークンでも同じことを行う予定です。 5. アルゴランドのdAppにフィアット・ポータルを追加し、ユーザーがDeFiを使って得た配当や利益を簡単に引き出せるようにします。 Q: これまでに達成した主なマイルストーンと目標とするマイルストーンをスケジュールとともに簡単に説明してください。また、ロードマップも教えてください。 D:達成した主なマイルストーンは以下の通りです。 1. 最初のコンセプトの作成 2. 最初のデッキの作成 3. ホワイトペーパー第1版、第2版の作成 4. AIとアルゴリズムというコンセプトの追加 5. 340万ドルの資金調達 6. アルゴランド財団からの助成金 7. プロトタイプの作成 - 今週末から来週半ばにかけて、投資家向けに一部をテストネットに掲載予定 今後のマイルストーン 2022年1月 - ソラナからアルゴランドへの完全なブリッジをテストネット上に公開 2022年1月 - $XGLIトークンがテストネット上に登場 2022年2月 - IDOの実施、Dappへのフィアット・ポータルの追加、イールド・ファームの統合を開始予定 3月22日~4月22日 - ソラナとアルゴランドのブリッジが完全に機能し、メインネットに登場する予定 最後に、同じ期間中に、Cefiの取引所に$XGLIを上場し、IEOを行うことを期待しています。他にも多くのマイルストーンがありますが、これらは最も重要なものです。 Q: これまでのパートナーシップについて簡単に説明してください。 D: 世界中から31のVCファンドがGlitterに投資してくれています。また、3つのレイヤー1からも投資していただいています。 私たちに投資してくれた活発なVCの中には、現在、私たちのアドバイザーになってくれているものもあります。AVG、BullishBlock Capital、DG Capital、CRT Capital、Orion Deppなどです。 また、SolsterやAegisを含むいくつかのローンチパッドとも積極的にパートナーシップを結んでいます。 Q:$XGLIトークンのトークノミクスとユーティリティーの概要を教えてください。 D:$XGLIは、Glitterのエコシステムの中に存在するDAOトークンです。XGLIはその保有者に、Glitter Financeネットワークに新しいイールド・ファームをリストアップする能力を提供します。XGLIを保有すると、Glitter Financeの中心的な意思決定者となるガバナンスへのアクセスが可能となります。 XGLIを保有するユーザーは、ユーザー資産の再配置によって得られるイールドに対するトレジャリー・フィーを変更する権限を有します。これは、ユーザーが保有するアセットから得られる収益をどの程度Glitter Financeに再投資するかを決定する権限を持つことができるというユニークな機能です。 XGLIトークンは、保有者がオラクル・アドレスを更新する際に使用することができ、これによりアドレスの情報がブロックチェーンに届くプロセスがスムーズになります。これは、データの正確性を高め、異なるブロックチェーン上での取引を高速化することで、関係者全員の資産管理を向上させることができるという大きなメリットがあります。 このトークンは、DAOにおけるCompoundの管理者を選出するために使用されます。ガバナンス構造は、Compoundをベースにしています。人々は、利害関係者の決定に応じて管理者が変更することができるコードを実行することによって、プロトコルのこれらの様々なコンポーネントを変更するために投票します。 Glitter Financeは、トークン保有者にトレジャリー・ファンドを消費する機能を提供します。これにより、Glitter Financeをアップグレードするためにトレジャリー資金を使うための手数料を支払うことで、Glitterトークンの収益化が可能になります。 $XGLIトークンを独占的に保有するユーザーは、原資産ではなく利回りにアクセスできます。これは、Glitter Financeが$XGLIトークンの供給過多を心配することなく、ユーザーの収入を上げることができるという点で、大きなメリットです。 Q: ガチで、私はこのプロジェクトに惚れ込んでいます。XGLIを購入するための投資機会はどのようなものがありますか?あなたは$Algoの直接のライバルなのか、それとも次のアルゴランドなのか?フェーズ1:MVP、フェーズ2:プロダクトのスケーリングで次はどのステージですか?監査については言及されていませんが、その予定はありますか? D: 熱意をお持ちいただきありがとうございます。私たちは基本的にAlgoをレールとして使用しているので、Algoの競合ではありません。XGLIはAlgoのトークン(ASA)になります。 製品のスケールアップはこのフェーズの後で、現在はMVPの開発を進めています。監査については言及しています。監査を受けていないプロダクトを出すことはありません。実際、3回の監査が行われます。 1つ目は、テストネット上の我々のチームによるものです(バグ・バウンティも用意しています)。2つ目は、アルゴランド財団による助成金の一環としての監査です。3つ目は、第三者による監査です。 Q: Glitter Financeには素晴らしい投資家やパートナーがいます。彼らはどのような役割を担っているのでしょうか?彼らも意思決定に参加しているのでしょうか? D: 投資家はプロジェクトについて助言をしてくれますが、すべての決定権はエグゼクティブ・チームにあります。私たちは常に投資家の意見に耳を傾けますが、プロジェクトを運営するのは創業者たちの仕事です。 Q: 多くの分散型取引所があります。競合他社よりも多くのオプションや機能を提供していますか?なぜ、他のプラットフォームではなく、Glitter Financeを選ぶべきなのでしょうか?また、コストやセキュリティの面で、競合他社にはないGlitter Financeの特徴は何ですか? D:当社を選んでいただく理由はたくさんあります。まず、私たちは完全に分散化されたブリッジです。これは、お客様が完全にコントロールできることを意味します。第二に、我々はフィアットのポータルを統合し、暗号通貨をフィアットに変換することを容易にしています。3つ目は、AIとアルゴリズムを追加して、「ワンクリック」プラットフォームを実現することです。私たちが統合しているイールド・ファームについては、これはブリッジ・アーキテクチャの非常に現代的な機能なので、イールド・ファームと競合しているわけではありませんが、私たちが作っているのは、日常ユーザーにとって使いやすい、完全なDeFiプラットフォームです。 Q: Glitter Financeは、DeFiの収益をフィアットに変換するための受託者ポータルを統合していますが、これは非常に興味深いことです。また、DeFiからフィアットへの切り替えのプロセスはどのくらい簡単なのでしょうか? D:私たちは、アルゴランド・ブロックチェーンを通じて、Dexとテクノロジーを統合しています。このモデルは、スマートコントラクトの統合によって接続された、完全に分散化されたものになります。 Q:ロードマップの中で、ポリゴン、ソラナ、アルゴランド、テッラなど、多くのチェーンのメインネットでローンチすると書かれていますね。どのチェーンが完成していて、どのチェーンが未完成なのか教えてください。 D:アルゴランドとソラナのブリッジは我々の最初のプロダクトです。これは3月にテストネットに入る予定です。 Q: 私は初期投資家としてGlitterトークンを手に入れたいと思っています。プライベート・ラウンドに参加する方法はありますか?もしプライベート・ラウンドに参加できない場合、パブリック・ラウンドはいつ、どのプラットフォームで開催されるのでしょうか? D:プライベート・ラウンドはオープンですが、北米では誰でも参加できるわけではありません。また、購入者には一定の限度額と最低額を設定していますので、機関投資家を優先して小口の投資家はほとんど参加できない傾向にあります。最後に、すべての投資家はKYCに合格しなければなりません。 元記事:https://medium.com/@Glitter-Finance/ama-recap-with-ama-lovers-club-58c54eb5d5b
Glitter FinanceのAMAまとめ@AMA Lovers Club content media
0
0
38
Akio Sashima
2021年12月10日
In AMAまとめ
今回はアジア向けのAMAとして、日本・中国・韓国それぞれのテレグラム・コミュニティでの同時開催となります。 事前に質問を募集したところ、3カ国80人超の方々から質問が寄せられました。ありがとうございました。その中から本日はいくつかピックアップして21:50までの40分間でお送りします。後日まとめたものはウェブサイトにも掲載します。 またここ日本チャネルには21:50〜22:10の20分間、創設者のアーロンが降臨しますので、ライブで直接追加質問も出来ます。日本語投稿でもすぐに翻訳しますので大丈夫です。この前に各20分間ずつ中国と韓国のチャネルに降臨してからの登場となりますので、重複する質問を避けるため、できるだけ「日本」に関連する質問のほうが良さそうです。 そしてこの間にNFTクリエイタの方はタイミングを見て自身の「Headline NFT」を投稿してください(画像&掲載NFTプラットフォームへのリンク)。アーロンへのアピール・コメントも加えると、購入してくれるかも?!(一応、気にいったものがあれば1〜2個買ってね!とは言ってあります)。 ではQ&Aを始めます! まずは韓国から寄せられた質問から。 Lee Wangsoo HDLプロジェクトの背景とは?ヘッドラインの短期的な目標と長期的な目標は何ですか?アルゴランドのエコシステムを構築し、成長させるためにHDLはどこに位置するのですか? こんにちは、Leeさん。 HDLとHEADLINEプロジェクトは、偏見のないニュースサイトとしてスタートしました。2021年の2月頃、私は最大の成長機会はクリプトの統合にあると判断しました。数週間にわたる調査の結果、プロジェクトを立ち上げるのに最適なブロックチェーンはアルゴランドだと判断しました。 アルゴランドで再始動した後、私はすぐに開発者ツールの真のニーズがあることを知りました。開発者ツールの構築を始めたところ、決済ゲートウェイなど、私たちが提供できる他の技術製品にも需要があることがわかりました。ニュース制作は常に私たちの長期的な戦略の一部ですが、私たちは現在、アルゴランドのコミュニティに他の多くの重要なサービスを提供しています。 HEADLINEの短期的な目標は、我々のオペレーションを拡大することです。私たちは、AlgoCloudと呼ばれる分析用ダッシュボードを構築しています。また、PIPELINEを更新して、新しい開発者ツールと統合を行っています。また、HDLトークンの規制が明確になりつつあり、ソーシャルネットワークであるFORUMにユーザーを増やし続けています。 しかし、私たちは小さなチームです。私を含む2人の主要開発者と、1人のフリーランスです。効果的にスケールアップするためには、より多くの開発者を雇用する必要があります。そのためには、より多くの資金が必要になります。私たちは、必要な運転資金を提供するために、大規模な投資ラウンドを準備しています。 HEADLINEの長期的な目標は非常に野心的です。しかし、5年以内に少なくとも1,000万人のメンバーを、私たちのソーシャルネットワークであるFORUMに集めることを計画しています。また、私たちのニュース・プラットフォームであるHEADLINE Newsは、毎日何億人もの人々がアクセスする、偏りのないニュースのための卓越したグローバル・ニュースブランドとなることを目指しています。 私たちのSaaSプラットフォームであるAlgoCloudは、今後5年間で数千とは言わないまでも、数百の高付加価値ビジネスをサポートするものにしたいと考えています。開発者用ツールキットであるPIPELINE-UIは、ブロックチェーン分野の真のソフトウェア・パワーハウスとなり、新しい開発者にとっての頼みの綱となることを目指しています。このほかにも、エキサイティングで歴史に残るようなプロジェクトをいくつか進めていますが、まだお話しすることはできません。 @zaewoo HDLエコシステムの消費者向けアプリ(ニュース、クリプト、AI)を通じて、どのように情報/データを収集し、どのような情報を公開するのか、計画はありますか?なぜ消費者はHDLエコシステムを使うべきなのでしょうか? こんにちは、Zaewoo。 あなたの質問を正確に理解すると、HEADLINEがどのようにユーザーデータや情報を収集し、配布するかということですね。ここで重要なことは、私たち(HEADLINE)は、(FacebookやTwitterのような)広告ベースの収益モデルには根本的な欠陥があると考えているということです。"If You're Not Paying for It, You're the Product. "(「もし無料でサービスを受けているのであれば、実はあなたが『商品』です。」)という言葉があります。基本的には、大手IT企業があなたのデータを収集し、それを広告主に販売し、広告主はあなたを操作するために特化した広告を作る、ということです。私たちは、このような広告主や大手IT企業によるデータ・ファーミングの慣行が、今日の最大の社会問題の多くの根源にあると考えています。 対照的に、HEADLINEはユーザーデータをほとんど収集せず、私たちのソーシャルネットワークであるFORUMには広告がありません。特にソーシャルメディアは、ターゲットを絞った広告でマネタイズすべきではありません。私たちの収益モデルはサブスクリプション・ベースです。250 HDLトークンでFORUMに生涯アクセスすることができます(この数字は時間の経過とともに変化します)。 しかし、私たちは、ニュース生成における広告の場所はまだあると信じています。私たちはHEADLINEニュースのために独自の広告モデルを構築しており、企業は自社の価値観に沿った厳選されたコンテンツに広告を掲載することができます。 消費者がHDLエコシステムを利用する理由は何か?私たちの製品はすべて、Web 2.0のシステム上の問題を解決するために作られています。私たちのニュースサイトは、メディアの偏りの問題を解決します。私たちのソーシャルネットワークは、データ・ファーミング、プライバシー、検閲、ターゲット広告などの問題を解決します。私たちの開発者ツールキットであるPIPELINE-UIは、ブロックチェーン分野の開発者の参入障壁の問題を解決します。その他にも、決済や取引所など、様々なことに関する問題を解決したいと考えています。 @ElrondJr あなたはAIモデルを使って、文章の偏りや内容に関する記事の評価を行っていますが、これは本当に難しい問題です。そのAIモデルが完成する時期の目安はありますか?また、そのモデルの現在の精度はどの程度でしょうか?また、そのAIモデルを、他のニュースポータルのコンテンツを評価するサービスとして提供する予定はありますか? ElrondJr.さん、こんにちは。 ニューラル・ネットワーク「Libra Network」を搭載したAI技術「バイアス・バロメーター」にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。ニューラル・ネットワークは基本的にすでに製品化されていますので、ここで実験することができます 。 https://www.libra-network.com/bias-barometer. 現在、NLUモデルの精度は88%す。これはかなり良い数字ですが、私たちはこれを93-94%の精度にまで高めたいと考えています。バイアス・バロメーターは、ニュース記事のテキストを分析するように訓練されていることに注意してください。実際の記事ではなく、ホームページに誘導するウェブサイトのURLを追加しても、あまり正確ではありません。そのため、必ずニュース記事に特化したエンドポイントを追加するようにしてください。 このAIモデルを他のニュースポータルにサービスとして提供し、コンテンツを評価してもらうことも考えているか?これは非常にやっかいな質問です。バイアス・バロメーターは、もともと社内のAIツールとして開発されたものです。もし他のニュースサイトに使用を許可すれば、結果を操作される可能性があり、ひいてはバイアス・バロメーターの信頼性を損なう/当社の評判を落とすことになりかねません。この可能性を完全に閉ざしたわけではありませんが、サービスとして提供するための明確な方法はまだ見つかっていません。 では日本からの質問に移ります! @ppapaiya 5年後、真の意味での分散型コミュニティはどのように運営されていると考えていますか? こんにちは、ppapaiyaさん。 私たちのツールや製品の中には分散型のものもありますが、多くは分散型ではありません。実際、いくつかの分野における真の非中央集権化は、いくつかの社会的レベルにおいて正味のマイナス効果をもたらすことがわかっています。例えば、DAOは現状では、成功して成長するビジネスを運営するためのビジネス構造としては非常に不十分だと考えています。例えば、Sushi SwapのCTOであるJoseph Delong氏は、UpOnly Podcastのエピソードに出演し、ビジネスモデルとしてのDAOの非効率性を嘆いていました。以下はそのリンクです。 https://www.youtube.com/watch?v=LYEU3_g82TI 基本的に、全員がすべてに投票することになっていると、簡単な手続きが大変な作業になってしまいます。それだけではなく、消費者に直接対応するDAOプロジェクトでは、責任を負うべき人がいないため、フィードバックが少なくなったり、懸念事項に対処できないことがよくあります。HEADLINEはDAOではありませんし、そうなるつもりもありません。私たちは企業であり、私たちのプラットフォームでのユーザーの体験に責任を持っています。 そうは言っても、私たちが作っているツールの多くは本当に分散化されています。一般的な分散ではなく、根本的な分散を意味します。例えば、AlgoPayは私たちの革新的な非中央集権的プロジェクトです。スニペットのコードで、世界中のあらゆるウェブサイトの誰もが、アルゴランド・ブロックチェーンと対話するカスタム決済ソリューションを作成することができます。私たちはコミュニティのためにこのツールを作りましたが、課金はしていませんし、トラッカーもいません。現在どれくらいのプロジェクトがこのツールを使用しているのか、具体的に教えてもらわない限り、正確に把握する方法もありません。現在、歴史的な可能性を秘めた拡張機能を構築中ですが、準備が整うのはあと1週間ほど先になります。 しかし、これが私たちのビジネスモデルです。根本的に分散化されたツールをコミュニティのために構築する一方で、(この違いは重要ですが)ユーザーの体験に責任を持つ中央管理型のビジネスを別途運営しています。 ouei1215 libraは自社のコンテンツだけに適用するのか、それとも他のメディアにも適用するのか?他のメディアにlibraを適用すると、言論統制をしているような印象を与えてしまうのではないか? それについてはどうお考えですか? こんにちは、Oueiさん。 これは素晴らしい質問で、私たちもよく議論することです。そこで、Libra Networkのバイアス・ツールである「バイアス・バロメーター」を学習するために、さまざまな政治分野の何千もの記事でニューラル・ネットワークを学習させました。このアイデアを思いついたとき、バイアス・バロメーターは、私たちが偏りのない使命をどれだけ果たせているかを測るための社内ツールとして使用することを想定していました。 しかし、他のメディアを評価するような消費者向けの製品を作るべきだという意見もあります。これは難しい問題ですね。もし、他のウェブサイトの評価に使えば、明らかに利益相反とみなされる可能性があります。たとえ分析が正確であっても、HEADLINEのコンテンツを贔屓にしているとみなされる可能性があります。皮肉なことに、もし私たちがうまく仕事をして、HEADLINEニュースが競合他社よりも著しく偏っていなければ、バイアス・バロメーターは絶対に私たちのコンテンツを支持するでしょう。 逆に、他のニュースサイトにバイアス・バロメーターのライセンスを許可した場合、結果を操作される可能性があり、結果的に私たちの評判を落とすことになります。これは、人工知能がもたらす数多くの倫理的問題のひとつに過ぎません。人工知能は素晴らしくもあり、危険でもあります。AIのユースケースが素晴らしいものであればあるほど、誤った使い方をした場合の危険性は高くなります。 私たち(HEADLINE、AIコミュニティ、社会全体)は、これらの問題のいくつかに良い答えを持っていません。しかし、このような議論が重要であることには誰もが同意できると思いますし、むしろ、このような議論をすることが必須であると言えるでしょう。なぜなら、HEADLINEのような企業は「善意」でAIにアプローチしているかもしれませんが、AIの無限の力を利用して壊滅的な結果をもたらす方法を懸命に模索している企業、機関、政府がたくさんあるからです。 要約すると、バイアス・バロメーターは常に社内ツールとして使用されることを想定しています。消費者向けの製品やライセンス可能な製品にする可能性もありますが、現時点ではそのための明確な方法はありません。とはいえ、教育用のリソースとして実験的に使用することは可能です。こちらからご覧いただけます。 https://www.libra-network.com/bias-barometer @kuma_333 ユーザーはHDLトークンを使ってFORUMにアクセスすることになっていますが、どの程度のHDLを想定しているのでしょうか?また、多言語への対応はいつ頃になるのでしょうか? こんにちは、Kumaさん。 ご質問ありがとうございます。FORUMはproof-of-stakeのソーシャルネットワークです。ユーザーがHDLの最低条件を満たすことが重要です。この条件を設けているのには2つの理由があります。 ①トークン保有者には、プラットフォームの成功を願うインセンティブがあります。これは、世界が炎上するのを見たいだけの悪徳業者や潜在的な荒らしを排除するために重要です。このポジティブなインセンティブが、プラットフォーム上でのより建設的な交流につながると信じています。 ②FORUMは、広告収入モデルに基づくソーシャルネットワークではありません。FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークは、広告収入に依存して運営されていますが、FORUMはそうではありません。私たちは、広告収入モデルは非常に不健全な社会的相互作用をもたらすと考えています。サブスクリプション・ベースのプラットフォームは、ポジティブな社会的交流をはるかに助長します。現在、FORUMのHDL要件は250HDLトークンです。しかし、FORUMはまだベータ版であり、HDL要件は時間の経過とともに減少すると考えています。 私たちは、プラットフォームを他の言語に翻訳することを計画しています。この目的のために、すでに限定的にコミュニティの支援を受けています。1Circleの素晴らしいボランティアのおかげで、当社のホワイトペーパーは中国語に翻訳されました。Alkemintのチームのおかげで、バイアス・バロメーターのイタリア語への翻訳に取り組んでいます。Algocloudは、ローンチ時には英語に加え、ポルトガル語とスペイン語でもご利用いただけます。私たちのプロジェクト、特にFORUMにはグローバルな野望があります。そのために、将来的にはできる限り多くの言語への翻訳に大きなリソースを投入する予定です。しかし、現在の開発チームは非常に小規模なため、翻訳に関してはコミュニティの支援に頼らざるを得ません。しかし、将来的には数多くの言語をサポートすることになるでしょう。 @yazyyyyyyy さんからは10個の質問です! 1. FORUMへのログインに必要なHDLトークンの量は常に変動するのでしょうか?閲覧するだけならトークンは必要ないのでしょうか?システムの明確な基準を早く発表してほしい。トークンを必要とするこのシステムでは、参加者を増やすことが難しいのではないかと懸念しています。 こんにちは。 FORUMはまだベータ版であるため、プラットフォームにアクセスするために必要なHDLトークンの数は固定されています。現在、プラットフォームへのアクセスには250HDLトークンが必要です。また、ベータ・テスターのサインアップを開始する際には、ユーザーからのアクセス・リクエストが必要です。FORUMのベータ終了後は、プラットフォームへのアクセスに必要なHDLトークンの数を40USドル相当にしたいと考えています。私たちは、FORUMが人々のアクセスにとってあまりにも高価なものになることを望んでいませんが、proof-of-stakeの要件については妥協しないことも重要です。私たちがproof-of-stakeのソーシャルネットワークである理由は2つあります。 ①トークン保有者には、プラットフォームの成功を願うインセンティブがあります。これは、世界が炎上するのを見たいだけの悪徳業者や潜在的な荒らしを排除するために重要です。このポジティブなインセンティブが、プラットフォーム上でのより建設的な交流につながると信じています。 ②FORUMは、広告収入モデルに基づくソーシャルネットワークではありません。FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークは、広告収入に依存して運営されていますが、FORUMはそうではありません。私たちは、広告収入モデルは非常に不健全な社会的交流をもたらすと考えています。 2. まもなく、ALGOをベースとしたソーシャル・ネットワーキング・サービス「The LoveChain」が開始されます。LoveChainでは、投稿内容がNFTに変換され、ユーザーはコメントや「いいね!」をすることでトークンを獲得し、そのトークンで買い物をすることができます。Forumのサービスの具体的な内容を教えてください。 私たちは、FORUMユーザーのために、とてもエキサイティングな報酬プランを用意しています。忘れてはならないのは、FORUMの主な目的は、組織的なソーシャルネットワークのシステム上の問題を解決することです。私たちは、包括的な報酬システムを通じて、積極的な交流の動機付けをしたいと考えています。しかし、この報酬システムは、ベータ版が終了するまでは開始しません。 3. FORUMで個人アカウントのアイコンとしてNFTを設定することは可能でしょうか?また、その予定はありますか? NFTがトークンで表現された画像を意味するのであれば、もちろん可能です。プロフィール画像としてのNFTビューアを指しているのであれば、これはおそらく統合されないでしょう。これは主に、画像をローカルに保存するよりもはるかに多くのロード時間を必要とするためです。 4. AlgoWalletとMyAlgoだけでなく、Metamaskのような他のウォレットもFORUMに接続し、FORUM内でブリッジする予定ですか? 近日中に公式アルゴランド・ウォレットとAlgoSignerの統合を予定しています。しかし、他のチェーンのウォレットを統合する予定はありません。マルチチェーンのウォレットが利用可能になれば、それを検討することには興味がありますが。 5. FORUMに投稿された内容がHEADLINEニュースに掲載されることはありますか?その場合、許可を得ての掲載なのか、トークン配布なのか、その他の手段なのかを教えてください。 FORUMはクローズドなソーシャルネットワークです。HEADLINEニュースは、基本的に公共サービスです。HEADLINEニュースの記事をFORUMで見ることはできますが、エンドユーザーが何かを共有することを決めない限り、FORUMのコンテンツをFORUMの外で見ることはありません。私たちはFORUMの独占的な性質を守ることが重要であり、外部への配信はその独占性を弱めることになります。 6. ホワイトペーパーには、「FORUMは、より本物のユーザー体験を提供するために、広告ベースのモデルではなく、加入者ベースの収益モデルで動いています。」とあります。この収益モデルについて、詳しく説明してください。 上記の回答でかなり詳しく説明しましたが、より一般的には、ユーザーがHDLトークンを積極的に取引するのではなく保有することで、ビットコインのようなデフレ効果が得られます。私たちは、ビットコインに似たデフレ・トークノミクスをモデル化するために、様々な意味で総供給量を2,500万枚としました。ステイクされたトークンとプラットフォーム上のサービスは、広告ベースの収益モデルよりもはるかに高いリターンが得られると考えています。 7. FORUMは何ヶ国語に対応していますか?また、日本語にも対応していますか? 現在、FORUMは英語のみをサポートしていますが、将来的には多くの言語を追加する予定です。もちろん日本語も! 8. Libra Networkが判定した「情報の偏り」をどうやって証明するのですか? ここではあまり技術的な話はしませんが、Libra Networkは、政治的スペクトラムを超えた何千ものニュース記事で訓練されることで、記事中の偏ったスピーチを認識できるようになっています。記事のURLを入力すると、アプリは生のHTMLファイルを取り込んで、ほとんどのHTML要素や数字を削除する最小限の前処理を行います。新しいURLが読み込まれると、新しい単語がネットワークの長期メモリに追加され、ユニークワード数が5000に達するまで続きます。この時点でネットワークは、強化ボタンがクリックされるたびに、最も役に立たない20個のNeuronを削除し、現在の記事からの新しい単語で置き換えます。 ある単語が間違ったカテゴリーに「投票」した場合、そのカテゴリーに対する「投票力」または重みはランダムに減少し、反対のカテゴリーに投票したものはランダムに増加します。ある単語(=neuron)が長期的に生き残るためには、後述する効用と刈り込みのメカニズムによって「上位に浮上」しなければなりません。バイアス・バロメーターの詳細は、デモプラットフォームをご覧ください。 https://www.libra-network.com/bias-barometer 9. YieldlyのステーキングプールにHDLを追加する予定はありますか? 第三者が関与する可能性のある議論についてはコメントできません。ご期待ください。 10. TinymanのようなDEXの偽HDLトークンにどう対処するか考えていますか? つまり、これは多くのプロジェクトが間違えていると思われる、興味深い問題です。私たちは、コメントやDMなどで詐欺トークンが詐欺トークンであることを明確にすることは喜んで行いますが、詐欺トークンが私たちとは関係ないことを公に投稿するつもりはありません。私たちの研究では、詐欺トークンについて公に投稿すると、不用意に宣伝してしまうことになり、実際に抑止力にマイナスの効果があることがわかっています。一般的に、オンラインでクリプト・トークンとやり取りする際には細心の注意を払う必要があります。しかし、それは最終的には個人の判断であり、我々は偽者のトークンに対して責任を負うことはできません。 @yosha0501 バイアス評価など、コンテンツの透明性を数値化することで、ユーザーが良質な情報を見つけやすくする仕組みはとても良いと思います。良質な情報を提供している記者を見つけやすくする評価システム(良質な情報をどれだけ配信しているかを示す)や、記者の貢献度の定量化(情報を配信する頻度、何回読まれたかなど)があればさらに良いと思うのですが、そのような機能はありますか?(ない場合、そのような機能を導入する予定はありますか?) また、将来的にHDLでALGOやスマイルコインのように、アルゴランド・ウォレットに入れておくだけで報酬がもらえるようなリワード・プログラムを始める予定はありますか? こんにちは、Ypshaさん。 ご質問と興味深い見解をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、HEADLINEニュースのレポーターが行った報道の質について、かなり包括的な分析を提供する計画を持っています。しかし、ここで注意しなければならないのは、それがHEADLINE Newsのレポーターのためのものであるということです。我々のAIアナリティクスを競合他社の記者の採点に使用することは、本来の目的を達成するためにはうまくいきません。たとえバランスのとれた環境で行われたとしても、すぐに贔屓をしているような雰囲気になってしまいます。 HEADLINE Newsの購読者は、一般のニュースリーダーには提供されない、あらゆる種類の興味深い内部データにアクセスできます。このサービスで最もエキサイティングなのは、毎日のニュースルーム・ミーティングを放送することです。基本的には、アメリカのタブロイド・ジャーナリストであるTMZが作成したシリーズに似た、編集者と記者による1時間の内部ニュースルーム・ミーティングです。 では時間の許すかぎり、中国からの質問にもいってみましょう。 @weibaobao2030 さんから5つの質問です。 1:Headlineは、コア・バリュー(誠実さ、透明性、説明責任)を今後どのようにして一貫して継続的に確保するのですか? こんにちは、Weibaobaoさん。 当社では、いくつかの透明性確保のための施策を実施しており、今後もさらなる施策を予定しています。ひとつは、当社のブロックチェーン取引とその履歴をすべて公開していることです。HDLのシードアドレスは、チェーン上で発生したすべての収益の最終目的地でもあります。私たちがどのように収益を得ているのかを簡単に確認できるようにすることで、万が一、矛盾が生じた場合には、支援者が私たちに責任を取ってもらうことができます。 誠実さは、トップダウンで始まります。それは、公の場での行動と同じように、プライベートでも行動するということです。例えば、HDLトークンの場合、私は、規制当局から許可が下りるまでトークンを販売しないことをコミュニティに約束しました。配布中のトークンはエアドロップで無料で配りました。そうすれば非常に便利だったとしても、私は一度もトークンを売ったことがありません。トークンを売るために裏取引をしてほしいという依頼もたくさん受けましたが、そんなことは考えたこともありません。そのため、アプリの新機能を試す際にも、トークンを交換しないようにしています。これは、私がコア・バリューに沿って努力している多くの例の一つです。 2: FORUMと現在の 例えば、FacebookやTwitterのような他のソーシャル・メディア・プラットフォームとの主な違いは何ですか? FORUMはproof-of-stakeのソーシャルネットワークです。ユーザーがHDLの最低条件を満たすことが重要です。この条件を設けた理由は2つあります。①トークン保有者には、プラットフォームの成功を願うインセンティブがあります。これは、世界が炎上するのを見たいだけの悪徳業者や潜在的な荒らしを排除するために重要です。このポジティブなインセンティブが、プラットフォーム上でのより建設的な交流につながると信じています。②FORUMは、広告収入モデルに基づくソーシャルネットワークではありません。 FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークは、広告収入に依存して運営されていますが、FORUMはそうではありません。私たちは、広告収入モデルは非常に不健全な社会的相互作用をもたらすと考えています。サブスクリプション・ベースのプラットフォームは、ポジティブな社会的交流をはるかに助長します。現在、FORUMのHDL要件は250HDLトークンです。しかし、FORUMはまだベータ版であり、HDL要件は時間の経過とともに減少すると考えています。 3:FORUMが正式に一般公開されるのはいつですか? これを可能にするために、適切な規制体制を整えているところです。ベータ版以外でFORUMを利用できるようにするためには、ログインに必要なトークンを販売できるようにする必要があります。米国では規制の不確実性があるため、ある種のブロックチェーンのやりとりはより複雑になります。しかし、私たちは順調に前進しており、今後数週間のうちに具体的な日付が決まるはずです。 4:ホワイトペーパーにはこう書かれていました。「HEADLINE INCは、同社独自のニューラル・ネットワークの分析結果を用いて、すべてのオンライン・ニュースコンテンツにバイアス評価を適用するバイアス・バロメーターを発表しました。" バイアス・バロメーターに偏りがないことをどのように保証するのですか? バイアス・バロメーターは、どの記事が偏っていて、どの記事が偏っていないかをトレーニングする必要があります。私たちは、政治的なスペクトルを超えた何千もの記事でバイアス・バロメーターを訓練してきました。しかし、ご質問に直接お答えすると、AIをどのように訓練するかは、最終的には私と私のチームにかかっています。完全に不偏不党の人間はいませんから、私たちはすべてのトレーニング・データを公開することで、自らの立場を補完しています。さらに、バイアス・バロメーターの真実性を検証するために、私たちの研究を注意深く検証する研究論文の可能性について、大学に働きかけることも計画しています。 5: React.jsとPipeline.UIの機能について、少し混乱しています。その違いと、それらがどのように連携してアルゴランド・エコシステムに貢献しているのかを説明していただけますか? React.jsは、アプリ開発者に人気のあるコーディング言語ですね。しかし、一般的にコーディング言語はブロックチェーンとネイティブに連携しません。そこでPIPELINE-UIは、アルゴランド・ブロックチェーン機能をReact.jsのコンポーネントに直接コーディングするシステムで、開発者がアルゴランドのDappsを作る方法を非常に簡単に学べるようになっています。 @Pancakez1 多くのプロジェクトでは、常に自分たちの強みを語っています。リーダーの一人として、直面している困難やそれを克服するためにどれくらいの時間がかかるかを話してもらえますか? もちろんです。私たちは非常に透明性を重視していますので、困難な点を明確にお話しします。現在の最大の課題は資金です。非常に限られた資金の中で、非常に野心的なプロジェクトを構築しています。幸いなことに、私はさまざまなスキルに恵まれているので、多くのビジネス面に同時に取り組むことができます。今日だけでも、税務書類の分析、作成中の新しいアプリのコーディング、AMAの回答書の作成を7時間ほど行い、その後、夜遅くまでNFTコレクションのグラフィック・デザインを行う予定です。 7月下旬には、資金が完全に底をついた時期がありました。持っているすべてのクレジットカードを使い切らなければならず、すべての銀行口座が数百ドルのマイナスになっていました。しかし、私は粘り強く、それを乗り越えました。今では、当時よりもはるかに良い状態になっていますが、効果的にビジネスを拡大するためには、現在の資金を大幅に上回る資金が必要です。 2番目に大きな課題は、私たちが作っているものが本物であると人々に納得してもらうことです。私たちのプロジェクトは非常に野心的で、ほとんどのチームはこれらのプロジェクトを1つでも成功させようとすると溺れてしまうでしょう。そのため、私たちはあらゆる批判に耳を傾け、懸念を抱いている人とは時間をかけて話し合うようにしています。批判をしてくださる方は、素晴らしいサポーターになる可能性があると信じているからです。そして、私たちは約束したことを実行します。動作するアプリケーションを構築し、問題が発生した場合には迅速に対処します。 @Car521 あなたの堀(強み)は何ですか?他の人が同じモデルをコピーしても、市場シェアで占領されない自信はありますか? これは楽しい質問です。そして、考えてみるととても興味深いものです。まず、PIPELINE-UI(アルゴランド財団とのコラボレーション)には、大きな堀があります。デザイン・システムは構築が難しいことで知られていますが、ここまでネイティブにブロックチェーンを統合したものを持つことは極めて稀です。だからこそ、AlgoPayのようなアプリケーションを迅速に構築することができるのです。 他の会社がアルゴランドのネイティブ・デザイン・システムを構築する可能性はありますが、極めて低いと思います。それだけではなく、PIPELINE-UIをより高度な機能で更新し続けることで、当社の堀は拡張されていきます。これを当社のアルゴランドDappsに当てはめてみると、堀が明確になります。当社のSaaSプラットフォームであるAlgoCloudにもこの利点が生かされます。私たちのAIツールも完全にオリジナルで独自のものですから、そこにも大きな堀があります。 @Jsjs36 ブロックチェーン技術の発展に伴い、無数のブロックチェーン・プロジェクトが市場に登場しています。しかし、人々は実際の使用例のあるプロジェクトを好む/受け入れるでしょう。ヘッドラインの実際の使用例や、それに貢献するソリューションについて教えてください。 私たちのアルゴランド財団との共同研究であるPIPELINE-UIは、開発者のオンボーディング体験に欠かせないものです。開発者向けにカスタマイズ性の高いデモを提供することで、多くの第一印象を正すことができます。同じように、私たちの決済ソリューションであるAlgoPayは、これまでに約60の中小企業のウェブサイトに統合されており、これは必要不可欠な要素です。また、当社のソーシャルネットワーク「FORUM」は、最新のベータ・サインアップを経て、約700人のユーザーが利用しており、エンタープライズ・ビジネスに欠かせないオールインワンのプラットフォームを構築しています。 @k521y ヘッドラインのトークンエコノミー・モデルはどのように設計されていますか?ヘッドラインのトークンのコア・バリューは何ですか?破壊のメカニズムは何ですか? 素晴らしい質問ですね。HDLの最大供給量は2,500万で、デフレの側面はビットコインをモデルにしています。約864万枚のHDLトークンが流通しています。我々(HEADLINE)は約16.3Mのトークンを保有しています。トークンは主に、当社のプルーフ・オブ・ステーク型ソーシャルネットワーク「FORUM」(ベータ版)(www.forum.ax)へのアクセスに使用されています。ユーザーは、ネットワークにアクセスするために、少なくとも250枚のHDLトークンを保有する必要があります。FORUMに加えて、HDLはLedger Liveでサポートされている約20のASAの1つです。前述の使い勝手の良さに加えて、HDLはニュース・プラットフォームの運用が構築されていく中で、大きく統合されていきます。このトークンはキャップが低く、デフレであるため、追加の破壊メカニズムは持っていません。 @skt666521 ヘッドラインはどのような方法でプロジェクトを維持するための利益/収益を生み出し、その収益モデルは何ですか?HDLトークンの保有者にはどのようなメリットがありますか? こんにちは、ご質問ありがとうございます。私たちは徹底した透明性を実践していますので、早速、数字をご紹介します。2021年の会計年度では、約15万7,000ドルの収益を上げています。この収益は、助成金と、最近開始したNFTシリーズに分けています。PIPELINE-UI(当社の助成金プロジェクト)の性質上、この収入源は当社がプロジェクトを継続する限り続きます。 この収益を補うために、先週、NFTシリーズを発売しました。初週のNFTの売上は7,000ドルに達しました。また、AlgoCloudと呼ばれる包括的なSaaSプラットフォームを構築しており、企業が1つのダッシュボードでアルゴランドのビジネス全体を管理できるようにします。このサービスはリテールと企業の両方に提供する予定で、リテール向けプランは月額50ドルから、企業向けプラン(ホワイトレーベル・ソリューションを提供)は月額1万ドル以上の価格で提供します。 さらに、2022年中には、FORUMの収益化を開始する予定です。現在、ユーザーは250HDLトークン以上を保有していないと、このプラットフォームにアクセスできません。今回のβ版サインアップで約700人のユーザーを獲得したことで、複数の販売分野を活性化することができます。最後に(エキサイティングな)事実をご紹介します。もし当社のNFT販売が今後4週間のペースで続けば、2021年の会計年度をキャッシュ・プラスで終えることができるはずです。これは、開発中の多くの主要プロジェクトを抱えるHEADLINEのような新興企業にとって、非常に大きな成果となるでしょう。 @Suis23 グローバル展開の計画を教えてください。現在、ヘッドラインはどの市場に注力しているのか、あるいは顧客、ユーザー、パートナーを獲得するための構築と成長に注力しているのか。 Suisさん、ご質問ありがとうございます。 私たちは現在、グローバルな拡大計画を活性化させています。アルゴランド財団との活動に加えて、HEADLINEは中国のアルゴランド財団の関連組織である1Circleと提携し、グローバルなアルゴランド中国のコミュニティにHEADLINEのエコシステムの認知度を高めています。これは、市場を特定したオーディエンスとの初めての大きなパートナーシップ(1Circle)です。 このパートナーシップは、世界中の中国のHEADLINEサポーターから受けた信じられないほどの暖かい反応によって開花しました。特に、中国のサポーターからは、私たちの価値観が普遍的であること、私たちのソリューションが実用的であること、そして私たちの成長が有機的で持続可能であることを評価していただきました。そのため、1Circleのボランティアが実際にHEADLINEのホワイトペーパーを中国語に翻訳しましたので、こちらをご覧ください。 https://www.headline-inc.com/files/white-paper_chinese-version.pdf 質問の最初の部分にお答えすると、私たちは戦略的拡大計画の第一弾として、アルゴランド中国のグローバル・コミュニティに焦点を当てています。これまでは、米国や英国、西ヨーロッパ諸国を中心に展開してきました。現在、多くの国にパートナーがいますが、中でも注目すべきはイタリアです。イタリアのチームでありパートナーでもあるAlkemint Labsは、イタリアのニュースサイトの偏りを分析するために、バイアス・バロメーターのイタリア語への翻訳を支援するために、75以上のニュース記事を提供してくれました。 @Preluded 私の理解では、少なくとも6つのプロジェクトが開発中ですが、1日24時間しかない(眠れない)中で、どのプロジェクトが最も優先されるのか聞いてもいいですか? また、名前がかっこいいAlgoPayについても教えてください。 洞察に満ちたご質問をありがとうございます。優先順位は重要です。私たちは、短期、中期、長期の価値に基づいてプロジェクトを階層化する興味深いシステムを持っています。例えば、年末までにキャッシュ・プラスにするという目標があるので、今後4週間は、NFTシリーズの「AlgoAstros」を優先的に週1日半以上使用する予定です。第1週目のNFTの売上は合計で約7,000ドルでした。これは、短期的な優先事項の一例と言えるでしょう。 収益を上げることはHEADLINEの優先事項であり、時には何年も赤字で運営されている他のスタートアップ企業とは異なります。私たちは、AlgoCloudと呼ばれるサブスクリプションSAASプラットフォームの開発にも優先的に取り組んでいます。これは、企業がアルゴランドをベースとした企業を1つのダッシュボードで運営できるようにする「サービスとしてのソフトウェア」ダッシュボードになります。 この製品(AlgoCloud)は、投資家にとって非常に魅力的なものです。ブロックチェーン業界における重要なインフラのニーズを満たし、試行錯誤されたビジネスモデルであり、冷静な投資の観点から見ても銀行に頼ることができる高成長分野です。私たちは大規模な投資ラウンドに向けて準備を進めていますが、AlgoCloudはHEADLINEのエコシステムにとって大きなセールスポイントになります。 AlgoPay(名前を褒めていただいてありがとうございます)の面白いところは、私たちが優先的に取り組んでいる分野のすべてに触れていることです。これまでに約60の中小企業や非営利団体に導入されています。また、来週には大規模なアドオンのリリースを予定しており、かなりエキサイティングな内容となっています。AlgoPayによって、アルゴランドを、企業がAlgoでの支払いを簡単に受け付けることができる業界のリーダーにしたいと考えています。 HEADLINEの長期的な優先事項には、FORUMのメイン・ローンチが含まれます。FORUMでは、ツイート・スタイルの投稿やNFTマーケットプレイスなどのエキサイティングなアップデートが予定されており、HEADLINEニュース・プラットフォームの構築も行います。もし、これが大変なことだと思われても、ご心配なく。私たちは、達成できない目標を設定したり、守れない約束をしたりしません。私たちは実現します。 ZYMGG 私はHeadlineの発表以来、NFTのニュースを追っていますが、時差の関係で前回のラウンドを見逃してしまいました。次のラウンドのプレセール・プランを教えてください。中国のコミュニティメンバーの多くが興味を持っていることを知っています。 こんにちは、私たちのNFTシリーズであるAlgoAstrosに興味を持っていただきありがとうございます。最初の週の発売は少し混乱していました。DeCipherが間近に迫っていたため、空港でNFTをアップロードしていたのです。この次の週は、もっと整然としたリリースになるでしょう。今後は、中国のタイムゾーンなどに対応して、1Circleが中国のアルゴランド・テレグラムでAlgoAstrosのNFTオークションを独占的に開催することが検討されています。日程が決まり次第、正式に発表します。 LyPp ヘッドラインはどのようにして情報の公平性を確保しているのですか?どのようにして効率と公平性を保つことができるのですか?どのようにして敵対的な攻撃を防ぐのですか? これは、HEADLINEのサポーターや、偏りのないニュースという普遍的な原理を信じるすべての人の中心的な関心事です。私たちのAIモデル「バイアス・バロメーター」に加えて、これらの原則を遵守するプラットフォームを実現・維持するためには、透明性が重要であると考えています。私たちは、AI分析の結果を公に公開します。すでに、AIのデモサイトである https://www.libra-network.com/bias-barometer/ は、情報の宝庫となっています。しかし、私たちが拡大すればするほど、その課題と危険性は指数関数的に大きくなることを認識しています。私たちは、大学や第三者の監視団体と協力して、このミッションを支援する予定です。 みなさん、ありがとうございました! ではここからライブでの質問タイムになります!遠慮なく質問を投稿してください。 ーーー NFTターイム!!! HeadlineにちなんだNFTを作成されたクリエイタの皆様はぜひご投稿ください!視聴者のみなさんも感想などを書き込んでくださいね。 ーーーー アーロンさん、長い間3カ国同時開催のAMAにお付き合い頂きましてありがとうございました!
0
0
7
Akio Sashima
2021年12月06日
In クロスチェーン・ブリッジ
Glitter Finance:$XGLIトークンのユーティリティーと価値提案の紹介 by Glitter Finance Glitter Financeは、高度なブリッジ機能とアーキテクチャを備えたクロスチェーン・ブリッジです。その革新的なブリッジであるGlitter Bridgeは、日常的なユーザーがシームレスにクリプト領域に統合することを可能にします。簡単に言えば、ロックされた資産を統合されたイールド・プールに再配置することができます。 XGLIはGlitter Financeのネイティブ通貨であり、エコシステム内で様々なタスクを実行します。 $XGLI:トークンのユーティリティ $XGLIは、Glitter Financeのネットワーク上に新たなイールド・ファームをリストアップする機能を保有しています。保有者は、Glitter Financeの中心的な意思決定者となるガバナンスへのアクセスを得ることができます。 $XGLIを保有するユーザーは、ユーザー資産の再配置によって得られるイールドに対するトレジャリー・フィーを変更することができます。これは、自分の資産から発生した収益をどれだけGlitter Financeに再投資するかを決定する力を持つことができるというユニークな機能です。 また、$XGLIトークンは、クロスチェーン・トランスファーのトレジャリー・フィーの更新にも使用できます。これはもう一つのユニークな機能で、$XGLI保有者はトークンを使ってビットコインやイーサリアムなどの資産のクロスチェーン転送料を更新することができ、異なるブロックチェーン間での価値の移転プロセスをより簡単かつ迅速に行うことができます。 $XGLIトークンは、その保有者がオラクル・アドレスの更新に使用することができ、これにより、アドレスの情報がブロックチェーンに届くプロセスがスムーズになります。これは、データの正確性を高め、異なるブロックチェーン上での取引を高速化することで、関係者全員にとってより良い資産管理が可能になるという大きなメリットがあります。 このトークンは、DAOにおけるCompoundの管理者を選出するために使用されます。ガバナンス構造は、Compoundをベースにしています。人々は、管理者が利害関係者の決定に応じて変更することができるコードを実行することによって、プロトコルのこれらの様々なコンポーネントを修正するために投票します。 $XGLI:価値提案 Glitter Financeは、トークン保有者に金庫資金の支出能力を提供します。これにより、Glitter Financeをアップグレードするために金庫資金を使うための手数料を支払うことで、Glitterトークンのマネタイズが可能になります。 $XGLIトークンを保有するユーザーは、独占的に原資産ではなく利回りにのみアクセスできます。これは、Glitter Financeが$$XGLIトークンの供給過剰を心配することなく、ユーザーの収入を上げることができるため、大きなメリットとなります。 Glitter Financeについて Glitter Bridgeは、洗練されたブリッジ機能とアーキテクチャを持つクロスチェーン・ブリッジです。合成資産やラップ資産の再配置を可能にし、それをGlitter Bridgeによって統合されたイールド・プールに変換します。また、人工知能(AI)や機械学習(DLN)とリンクさせ、それらが連携して利回りを高めます。そうすることで、従来はなかったトレーダーの利益を生み出し、トレードの成功を支援するために協力することで大規模導入を促進します。 ソース: https://medium.com/@Glitter-Finance/glitter-finance-introducing-xgli-token-utilities-and-value-proposition-872aa644d013
クロスチェーン・ブリッジ「Glitter Finance」$XGLIトークンのユーティリティーと価値提案の紹介 content media
0
0
43
Akio Sashima
2021年11月29日
In 一般
はい、アルゴランドのロゴを使ってグッズなどを作ることができます。ただし、コミュニティの目的にのみ使用でき、その他の営利目的のビジネスには使用できませんのでご注意ください。 Algorandのロゴと単体の「A」はAlgorand, Inc.の商標ですが、コミュニティやオープンソース・ネットワークのユーザーが使用することができます。ロゴの種類はこちらからダウンロードできます。ロゴを使用する際には、このサイトに記載されているガイドラインに従ってください。 https://www.algorand.com/about/media-kit また財団のサイトにはウォールペーパーなどもご用意していますので、ぜひご利用ください。 https://algorand.foundation/ecosystem/community-resources
0
0
2
Akio Sashima
2021年11月29日
In 一般
ありがとうございます!私たちのチームにはロゴを作成したプロのデザイナーたちがいます。 ちなみに日本でよく見かける「日の丸アルゴランド」は上記の公式ロゴを活用して「日の丸」と組み合わせたイメージになります。アンバサダーのAkioが考案し、同じくアンバサダーのビニールがAIで作成しました。海外からの評判も上々です。
アルゴランドのロゴを作ったのはどなたでしょうか?かっこいいですよね。 content media
0
0
6
Akio Sashima
2021年11月29日
In 一般
アルゴランド(Algorand)とは、「アルゴリズム(Algorithm)」と「ランダム(Random)」2つの単語を組み合わせたものです。私たちのアプローチをAlgorandと呼ぶのは、その効率性をアルゴリズムによるランダム性に決定的に依存しているからです。 アルゴランドは、チューリング賞を受賞したSilvio Micaliが設計したコンセンサス・プロトコルと、このコンセンサス・プロトコルを中核として構築されたブロックチェーン・プラットフォームの2つを表しています。 アルゴランドのロゴは、アルゴランドの頭文字である「A」を芸術的に表現したものです。
アルゴランド(Algorand)という名称およびそのロゴに込められた由来・意味・想いを教えてください。 content media
0
0
3
Akio Sashima
2021年11月23日
In トレード
アルゴランド上のアセットは発行と同時に全て分散型取引所のTinymanで取引可能になります。 チャートはTinyHeroが使いやすくて便利です。 TinyChartもあります。 https://tinychart.org/ ビットコインやイーサリアムなどをアルゴランド上に持ち込むには、クロスチェーン・ブリッジAlgomintが利用できます。 https://algomint.io/ アルゴランド(ALGO)分析ツールも便利なものがあります。50以上のインディケータで分析できます。 https://app.intotheblock.com/coin/ALGO/
0
1
14
Akio Sashima
2021年11月22日
In トークン
簡単に言うと、アルゴランドのネイティブ・トークンが「Algo」、それ以外のアルゴランド上で発行されるトークンがすべてASA(アルゴランド標準アセット)です。例えば、YieldlyのYLDYやOpulousのOPULもASAですし、アルゴランド上のNFTもすべてASAです。 アルゴランド・プロトコルは、「Algo」と同様のセキュリティ、互換性、スピード、使いやすさをASAにも適用します。ASAの正式名称は、アルゴランド標準アセット(ASA:Algorand Standard Asset)です。 ASAでは、ステーブルコイン、ロイヤリティ・ポイント、システム・クレジット、ゲーム内ポイントなどを表現することができます。また、家の権利書、コレクティブル・アイテム、サプライチェーン上のユニークな部品など、単一のユニークな資産(いわゆるNFT)を表すこともできます。またオプション機能として、アセットに譲渡制限をかけることができ、証券、コンプライアンス、認証などのユースケースをサポートします。 *ASAは誰でも簡単に発行できます。「Algo13」トークンももちろんASAです。 >詳細 https://www.algorand.com/technology#ALGORAND-STANDARD-ASSETS
0
0
30
Akio Sashima
2021年11月19日
In 一般
このアルゴランドに関する何でもQ&Aサイト「Algo13.jp」運営により発行されるトークンで、発行上限は10万に設定されています。基本的に質問者、回答者に配布されるものです。 アセットID:416716325 ユニット名:Algo13 AlgoExplorer: https://algoexplorer.io/asset/416716325 運営アドレス:3FBOTPCNZZRXB5GA6WVGCC6PCUACM6PJISHW46LTB2J3GDLHCAGRA2GNGY 使い道としては、当面はアルゴランド公式グッズの購入の際に利用可能(予定)とします。Algo13トークンだけでしか買えない公式グッズなども企画予定。基本的にはただのトークンです。 「保有者=貢献者」というステータス的な価値も生まれてきますので、Algo13.jpのサイト価値が高まるにつれ、Algo13トークンの価値も上がってくると想定しています。 みんなで創造していきましょう!
0
1
62
Akio Sashima
2021年11月10日
In 一般
Have you heard about Golgo 13? He is a super popular manga character who never fails to complete the missions as an assassin. Algo 13 never fails to answer any questions, too. ゴルゴ13について聞いたことがありますか?彼は暗殺者としての任務を完了するのに失敗することのない超人気の漫画キャラクターです。 Algo 13も、どんな質問にも必ず答えます。 Golgo 13 tops Guinness World Record for most manga volumes. Algo 13 aims to be the top Q&A website in the world:) ゴルゴ13は、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録を持っています。 Algo 13は、世界でトップのQ&Aサイトになることを目指しています😎 https://www.asahi.com/ajw/articles/14396652
2
0
50
Akio Sashima
2021年9月07日
In ウォレット
​ 監視アカウントは、アルゴランド・ウォレットで追加できる特別なタイプのアカウントです。このアカウントは、その名の通り、任意の単一のアルゴランド・アカウントを監視する読み取り専用のアカウントです。この機能は、オフラインにしておきたいアカウントがある場合(コールド・ストレージとも呼ばれます)や、監視したいマルチシグ・アカウントがある場合に便利です。監視アカウント機能を使用すると、このアカウントとの間のあらゆるトランザクションが通知されます。 アルゴランド・ブロックチェーン上のアカウントはパブリックかつ匿名であるため、アカウントを所有しているかどうかに関わらず、誰でも任意のアカウントを監視することができます。必要なのはアカウントのアドレスだけです。​注意:アカウントを監視することは、そのアカウントを管理することを意味しません。対応する復旧用パスフレーズを所有していない限り、監視アカウントのアドレスにアセットを送信しないでください。これは、アカウントの読み取り専用の表示です。 監視アカウントの追加1. アカウント画面右上の「+」をタップ。 2. 「Add Account(アカウント追加」をタップ。 3. 「Watch Account(監視アカウント)」をタップ。 4. 作成するアカウントの種類をよく確認してから、次のステップに進んでください。監視アカウントを作成する準備として、監視したいアルゴランド・アカウントのアドレスをコピーします。5. 監視アカウントに名前を付け、アルゴランド・アカウントのアドレスを貼り付けます。「Next(次へ)」をタップします。6. これで完了です。あなたの監視アカウントが作成されました。これは読み取り専用のアカウントなので、他のアカウントで表示されるオプションの多くは利用できないことに注意してください。これには、トランザクションの送信、アセットの追加、Rekeyingなどが含まれます。7. 監視が Accounts ビューに追加されました。視アカウント(Watch Account) 監視アカウントは、アルゴランド・ウォレットで追加できる特別なタイプのアカウントです。このアカウントは、その名の通り、任意の単一のアルゴランド・アカウントを監視する読み取り専用のアカウントです。この機能は、オフラインにしておきたいアカウントがある場合(コールド・ストレージとも呼ばれます)や、監視したいマルチシグ・アカウントがある場合に便利です。監視アカウント機能を使用すると、このアカウントとの間のあらゆるトランザクションが通知されます。 アルゴランド・ブロックチェーン上のアカウントはパブリックかつ匿名であるため、アカウントを所有しているかどうかに関わらず、誰でも任意のアカウントを監視することができます。必要なのはアカウントのアドレスだけです。 ​ 注意:アカウントを監視することは、そのアカウントを管理することを意味しません。対応する復旧用パスフレーズを所有していない限り、監視アカウントのアドレスにアセットを送信しないでください。これは、アカウントの読み取り専用の表示です。 監視アカウントの追加 1. アカウント画面右上の「+」をタップ。 2. 「Add Account(アカウント追加」をタップ。 3. 「Watch Account(監視アカウント)」をタップ。 4. 作成するアカウントの種類をよく確認してから、次のステップに進んでください。 監視アカウントを作成する準備として、監視したいアルゴランド・アカウントのアドレスをコピーします。 5. 監視アカウントに名前を付け、アルゴランド・アカウントのアドレスを貼り付けます。「Next(次へ)」をタップします。 6. これで完了です。あなたの監視アカウントが作成されました。 これは読み取り専用のアカウントなので、他のアカウントで表示されるオプションの多くは利用できないことに注意してください。これには、トランザクションの送信、アセットの追加、Rekeyingなどが含まれます。 7. 監視が Accounts ビューに追加されました。
0
0
18
Akio Sashima
2021年9月07日
In ウォレット
​これにはいくつかの理由が考えられます。​アルゴランド・ブロックチェーン上のトランザクションは5秒以内に完了しますが、各取引所は異なる方法でトランザクションを行います。トランザクションを送信するために使用しているメカニズムに遅れが生じている可能性があります。アセットを送信してから数時間(または数日)経ってもアセットが表示されない場合は、その取引所に問い合わせてみてください。Algosの送信先が間違っていて、Algosが失われている可能性があります。今後、正しいアドレスに送信していることを確認するために、アカウントのアドレスを見つけるためのチュートリアルを確認してください。​引所からアルゴランド・ウォレットのアカウントの1つにAlgosを送ったのですが、まだ表示されていないのですが?これにはいくつかの理由が考えられます。 これにはいくつかの理由が考えられます。 ​ アルゴランド・ブロックチェーン上のトランザクションは5秒以内に完了しますが、各取引所は異なる方法でトランザクションを行います。トランザクションを送信するために使用しているメカニズムに遅れが生じている可能性があります。アセットを送信してから数時間(または数日)経ってもアセットが表示されない場合は、その取引所に問い合わせてみてください。 Algosの送信先が間違っていて、Algosが失われている可能性があります。今後、正しいアドレスに送信していることを確認するために、アカウントのアドレスを見つけるためのチュートリアルを確認してください。​
0
0
17
Akio Sashima
2021年9月07日
In ウォレット
間違ったアドレスにアセットを送ってしまったのですが、取り返してもらえますか? 残念ながら、ほとんどのブロックチェーンや暗号通貨がそうであるように、アルゴランド・ブロックチェーン上のトランザクションは最終的かつ不可逆的です。誰も(アルゴランドの従業員を含めて)トランザクションを元に戻すことはできません。これらのトランザクションを回復できる可能性がある唯一の方法は、受取人にそれらのアセットを送り返すことができるかどうかを尋ねることです。 ​ 取引所やアプリケーションが所有する間違ったアドレスにアセットを送ってしまったと思われる場合は、その取引所やアプリケーションに連絡して、意図せずに送ってしまったアセットを回復できる可能性があるかどうかを確認してください。
0
0
16
Akio Sashima
2021年9月07日
In ウォレット
基本的なトランザクションの送信 ​ アルゴランド上でのトランザクションの送信は、迅速かつ簡単です。超高速なだけではなく、超低額です。このチュートリアルを書いている時点では、トランザクション手数料は1000分の1(0.001)Algoしかかかりません。トランザクションを使用して、Algoやアルゴランド標準アセット(ASA)を他の人、ウォレット、または取引所に送ることができます。また、アルゴランド・ウォレット内のアカウント間でアセットを送ることもできます。 ​ このチュートリアルを始める前に、以下の要件を満たす必要があります。 ​ アルゴランド・ウォレットにアカウントを作成している必要があります。 お客様のアカウントには、トランザクション手数料の支払いに必要なAlgosが必要です。 受取人が必要です。あなたのアセットを誰に送るのか?これは、アドレス、ウォレット内の別のアカウントなどの形があります。これについては以下で詳しく説明します。 トランザクションの送信 ​ このチュートリアルでは、アルゴランド・ウォレットのアカウントの1つから別のアカウントに0.5Algosを送信するだけです。しかし、トランザクションの作成と送信は、どこに送信するかに関わらず同じです。 ​ 1. アカウント・ビューに移動してください。送信したいアセットをタップします。このチュートリアルでは、Algosを送信することにします。 2. アセット・ビューで、赤い「Send(送金)」ボタンをタップします。 3. トランザクション画面が表示されます。 ​ それぞれのフィールドに入力するだけでも構いませんが、ここでは各フィールドとそれに付随するオプションを見ていきましょう。 ​ Amount(金額): これはあなたが送金する額です。Algosの場合は、マイクロ・アルゴ(Algoの10万分の1)が最小の金額となります。また、便利な使い方として、「Max(最大)」をタップすると、残高全額(取引手数料を除く)を送金することができます。 ​ To(送金先): トランザクションの受信者です。トランザクションは、アルゴランドの有効なアドレスに送ることができます。このフィールドへの記入方法には4つのオプションがあります。 ​ Accounts(アカウント) - お客様の他のアルゴランド・ウォレットのアカウントにトランザクションを簡単に送信する方法です。 Contacts(連絡先) - アルゴランド・ウォレットに保存されている連絡先に送信するには、このオプションを選択します。 Address(アドレス) - ここに有効なアルゴランドのアドレスを簡単に貼り付けることができます。 Scan QR(QRコードをスキャン) - このオプションでは、アドレスのQRコードをスキャンして、アドレスを入力することができます。 ​ どの方法でも、必ず正しいアドレスが入力されていることを確認してから進めてください。 ​ Add Note(メモの追加): ここでは、必要に応じてメモを添付することができます。受信者への個人的なメッセージかもしれませんし、このトランザクションを送信する理由を自分自身に思い出させるためのものかもしれません。ただし、トランザクションは公開されており、誰でもこれらのメモを見る可能性があることを忘れないでください。 ​ 4. トランザクション項目を入力したら、「Preview(プレビュー)」をタップして内容を確認します。 5. 内容を確認したら、「Send Asset(アセット送金)」をタップしてトランザクション内容をネットワークに送信します。 ​ 6. トランザクションを送信すると、ブロックチェーンが処理する間、トランザクションはお客様のトランザクション履歴に保留されます。 ​ 7. これで完了です。通知の設定によっては、トランザクションの確認も表示されます。更新された残高は、「Accounts(アカウント)」画面で確認できます。 ​ <追加情報> トランザクションを取引所に送る際には、まず上記「取引所とのトランザクション」の警告を確認してください。 今まで取引したことのない新しいアドレスやウォレットにトランザクションを送信する場合は、まずテストとして少額を送信することをお勧めします。そのアドレスでの取引が成功したことを確認してから、自信を持って全額を送信することができます。 アドレスを入力する際は、必ずコピー&ペースト(またはQRスキャン)を使用してください。手入力は非常にエラーが発生しやすく、資金を失う可能性があるため、絶対にしないでください。
0
0
18

Akio Sashima

管理者
その他